神秘さを求め日本中から観光客が集まります。

沖縄の青の洞窟は、青の洞窟の神秘さを求め日本中から観光客が集まります。

沖縄の青の洞窟は、沖縄県の西海岸に位置する恩納村真栄田岬にある洞窟で、クマガーガマとも呼ばれています。シュノーケルやダイビングの有名なポイントとして知られており、青の洞窟の神秘さを求めて日本中から観光客が集まります。青の洞窟は、那覇市内から1時間程度で行くことができ、那覇空港と美ら海水族館の中間に位置していることからアクセスは良いです。

洞窟内部の海面が、太陽光線の反射で神秘的に輝くことから青の洞窟と呼ばれ、早朝は太陽光が綺麗に反射するため、青の洞窟の神秘さを体感することができます。海底が青く映るのは、海底が石灰質を含んだ砂地になっているので、太陽光がかき消されないためです。

天候に関係なく青く輝いていますが、太陽光のさし方によっては緑っぽく輝くこともあります。青の洞窟は奥行40メートル、幅4メートル程あり、洞窟内部は半水面ドームになっていて、青の洞窟の神秘さとともにシュノーケルを楽しむことができます。洞窟を飛び出した後は、沢山の魚が出迎え、沖縄の魚は人に慣れていることから、魚の方から寄って来てくれます。豊富な珊瑚のほか、大型の回遊魚をはじめ熱帯性の魚でいっぱいで、体験ダイビングなら直接魚に餌づけすることも可能です。